よくある質問

厄払い御札を納めに行くのはいつ?

厄払い御札を納めに行くのはいつ?

2016.2.29
厄払い御札を納めに行くのはいつ?

通常厄払いをするときは、前厄、後厄、本厄の計3回受けると思います。
お札は祈祷、お祓いを受けた1年後あたりにお参りしながら納めに行くのが一般的な習慣です。
またその後も後厄が続くようなら、古いお札を持って、新しい厄払いのを申し込みます。
お守りやお札を納め時期はその前厄、後厄、本厄が終わった1年ごとに、お礼参りと共に納めるのが普通です。古いお札を1・2年も放置しておくのはあまり好ましくないでしょう。
また、無事に厄年が終わられたら、お祓いを受けたところの納札所(お守りや札をお納める専用のお堂)やご本尊へお礼参りをし、感謝の気持ちをお納めください。

Copyright © 2018 長谷観音 All Right Reserved.